Share Button

OTR051

Only Trance Recordsから送るAura Qualic – StratosphereとIlesteiaのEPをリリースしました!
空に舞い上がるかのような二つの曲送り致します!

好きなダウンロード配信屋へどうぞ!
Buy it on iTunes
Buy it on Beatport
Buy it on Juno

サポートした世界のDJ・プロデューサー達: Aaban Castillo, Ahmed Romel, Alpha Duo, Andrea Mazza, Brian Flinn, Bryan Summerville, Cesar, Chapter XJ Chris Oblivion, Cliffy Burrows, Diego Morrill, Dj Feel, EL-Jay, Emmanuel Higuera, Estigma, Gareth Weston, Giuseppe Ottaviani, Haris C, Karybde & Scylla, Katy Rutkovski, Manuel Le Saux, Manuel Rocca, Mark van Buuren, MaxDv Engine, Nick The Kid, Ori Uplift, Outer Pulse, Ozzy XPM, Pusher, Road Elf, Robert Gitelman, Shane Halcon, Simon Bostock, Space Garden, Sterilis, Suzy Solar, Team 140, Timmy Rise, William Daniel, Zarathos, and many more..

Share Button

こんにちは、いつものA.Q.であります。

SNSがはやってからブログを放置っぱなしだと思っているお方も多いと思いますが、一応書きたい気分は散在ありますwただなかなか機会がなくそしてネタが出てこないのでありますw。
それで今回の記事は少し音楽から離れてみて、もう一つの趣味の方を語ろうと思います。

前回書き込んだ「一眼レフカメラ買いました」って記事があってそれの進行のことです、
前まではCanonの Kiss X5 を買っていて凄く楽しんでましたが使ってから一年後気づいたことがありました。
やっぱりレンズが高いwww その上いろいろとカメラの使えない所が出始めあまりにも音楽よりお金架かり過ぎレベルになる一眼レフライフでした。

Canon Kiss X5 | EOS 600D

前からCanonの一眼レフを買いたかったのですがお金の問題で安いエントリーレベルのAPS-Cセンサー搭載Kiss X5を購入した。
最初の3ヶ月楽しんで使ってしましたがデフォルトのレンズが凄くしょぼくてあの有名な後ろが惚けている風景がなかなか出ませんでした。それで色々調べてキャノンで有名な50mm f1.8のレンズの情報を知ってなんとその価格が・・・1万円もない価格で買えるチープで素晴らしいレンズでした。
さて新しいレンズでついに惚け味まで出てくるようになった生活でしたが、さらにまた問題が出てきてた。。。俺って風景撮るの好きだなと気がづいて短焦点レンズより、広角ワイドレンズをほしくなりましたwww・・・そんでもってまた情報を色々調べた結果・・・どれも高いwwwwwwwwwwww

まぁ、カメラの趣味持っている人の間では「一眼レフではレンズがボディだ」名言がありまして、つい最近自分でも判明しましたww。一眼レフのボディよりレンズの価格の方が3倍高いでございますw
さらに、ここが私の問題だった、Canonのシステムでは広角になるほど価格がさらに高くなっていくパタンです。私が持っていたデフォルトレンズの一番広く写るなのは18-55mmです。
18mmとは言え、APS-Cセンサーの為、ハイエンドカメラよりセンサーが1.6倍小さい・・・本当の画角は 18mm X 1.6 = 28.8mm になります・・・さっきほど言ってた50mmのレンズも本来の35mmサイズのセンサーでは50mmですが私のカメラの場合は85mmあたりになります。。。数字だけばかりしか言ってませんがもっと簡単でいうと・・・1.6倍に画角がズームされています(ひぃぃいいえええええ!!!)

安いだからといってまさにコスパカメラですが、問題は高いフルフレーム(35mmフィルムサイズ)センサー用のレンズしか売られていないキャノンさんのシステムでは貧乏人な私にはさすがに音楽と合わすだけで新しいレンズを買うの苦労しました。

それで色々と痛んでつい最近カメラのシステムを変えました。

APS-Cセンサーからさらに小さい方のMicro Four Thirds(マイクロフォーサーズ)ミラーレスカメラに移転しました。

リアル知り合いからネット掲示板まで色々聞きましてみんなの意見をそろってつい1ヶ月前に乗り換え成功です。

マイクロフォーサーズ?? って疑問に思う人がいると思います。
英語で書かれておりますが本当は数字ですw

正式で書くと 「Micro 3/4」なのだ。

なんで3/4?

それは現在のカメラスタンダードのセンサーでは例えばハイエンドのCanon 5D Mk2のラインに搭載されている 35mm フルフレームセンサーに比べると 3/4小さいですw はいそうです そのままww
35ミリ見たことない人は恐らくこの2014の20代ではないあなたですwネットに調べるべしw 詳細はGoogle先生に聞きましょうw

それでもって何故でかかった APS-Cセンサーの Kiss X5 より m43(略:マイクロフォーサーズ)を選んだのかというと、まず価格です。
レンズの一覧は普通に写真撮るの楽しんでる人向けの価格で出されているので私の財布にもかなりエコノミですw
その2は広角レンズは安いからだ、風景とか撮るの好きなのでかなりワイドなショットで撮るので凄く丁度いい。
現在私が持っているなのは中古でかった「パナソニック ルミックス G3」です。

Panasonic Lumix G3

CanonのKiss X5と同年代のカメラですが1万円程度で買えます。レンズはデフォルトの14mm-42mm。
次に買うレンズはもちろん大好きなボケ味がついてる系を買いますw

購入してから1ヶ月たっています。カメラのボディとレンズが小さくてカバンに入れても重くないくらい持ち歩けます。
前までもってたかった一眼レフがついに夢の様に持ち歩き便利、何か町の隅々っこで猫やら見つかると撮りたくなるっすw

ただこのシステムの問題があります。
その問題はもちろん 3/4になったセンサーです。
さっきほど言ってた 14-42mmのレンズですが、この数字はあくまで35mmのサイズのレファレンスです。
本当は2倍画格になります。ってことで・・・ 14mmが2倍かけると 28mmの画角です。(ひょおおぇおおおええええええ)
「さらにズームされたんじゃねーか?!」って思う人もいますがm43はちゃんとレンズの数があるので安く購入できる広角レンズがあります。
今の所はワイドコンバータレンズを使って 0.79までワイドになります。
0.79の数字とは言え結構広がりますw、まぁ、またお金に余裕を持っていいレンズを購入していきます。

という訳で長引いた記事になりましたが、久々でここまで読んでくれたお方たちにいつもこのサイトを見守ってくれてありがとうございます!
また今度のくだらない記事もお楽しみになのです!

それでは!

最後にこちら、新しい(中古)カメラで私が撮った写真をご紹介します。